脱毛器で雄叫び?

体験談034−1:脱毛器で雄叫び?

脱毛器で雄叫び?

恋をして脱毛を考える

脱毛エステって非常に人気がありますよね?
でも、私にはエステに通う余裕がありません。
お金の問題もそうですが、わざわざ時間を作って通うのが面倒でもあります。
経験した友達には、
「そんなのは一時的なものだよ。やってしまったら楽だよ」とよく言われます。
それでも、通い続けるのが面倒で敬遠していました。

 

それまではカミソリで剃毛していましたが、
カミソリだとどうしても剃り残しが出てきます。
彼氏がいない私は、誰に見られることもないからいいかなとずっと思っていました。
しかし、5年ぶりくらいに彼氏が出来て、少しだけ慌てました。
今までのようにズボラなままでいる訳にはいかなないなと。
恋する女性なら分かってもらえますよね?
どんなズボラさんも、恋をすればそうなると思います。

 

脱毛器にチャレンジ

カミソリは止めて、脱毛器を使ってみようかなという気持ちになりました。
家電量販店に行って、痛みが少なくて人気のある脱毛器を紹介してもらいました。
種類が沢山あるんですね。
迷った私は販売員さんの言われるがまま手に取ったものを試してみました。
その時はそれほど痛みを感じなかったので、
これなら難なく使えるかなと思い、奮発して購入してしまいました。
それほど高いものでもありませんでしたが、
思いつきで買ったのでちょっとした出費でした。

 

家に帰って早速重要な部分に使ってみました。
重要な部分とはわきの下のことです。
夏になると頻繁に剃るので、黒ずんで悩んでいた部分でもありました。
抜けばその心配もなくなるかなと思ったので、
説明書通りに痛みを抑えるように使ってみました。

 

腕で試した時はそれほどでもなかったのに、
わきの下の毛が濃いせいなのか、ものすごい痛みを感じました。
皮膚はきちんと麻痺させて行ったのに、
大の大人が大粒の涙を流しながら悶えていました。

 

恥ずかしい叫び

一人暮らしの女性の部屋から、
「うぉーっ」という叫びが聞こえたら、周りの方々はビックリしますよね?
お隣りの方が飛んできて、「大丈夫ですか?」と訪ねて来てくれました。
女性だから本当のことを言っても良かったのですが、
「脱毛器の痛みに悶えていました」とは言えませんでした。
涙目になりながら、
「久しぶりに大きなゴキブリが出て驚いてしまったんです。スミマセン」と謝りました。

 

涙を流しながらゴキブリと格闘したと思われてしまったでしょうね。
そんなに弱い人間ではないのですが、
「殺せなかったら呼んでください」とにっこり笑って戻っていきました。

 

痛みの果てに


ホーム RSS購読 サイトマップ