脱毛器 部位

脱毛できる部位・できない部位|脱毛器LEO

脱毛できる部位・できない部位

脱毛が出来る部位

 

わき、腕(ひじ上、ひじ下)、手の甲・指、胸、乳輪周り、お腹、
へそ周り、へそ下、Vライン、Iライン、Oライン、足(ひざ上、ひざ下、ひざ)、
足の甲・指、顔(鼻下、口の周り、あご、ヒゲ、もみあげ、フェイスライン、頬)

 

※うなじ、腰、ヒップ、背中なども、誰かに頼んでやってもらうことができるのなら
 システム的には可能です。

 

上記の部位は大体脱毛が出来ます。
特に「ここも大丈夫なの?」というとこが多いのは下記です。

 

ヒゲ(男女ともに)顎の毛

男性のヒゲも脱毛器で脱毛できます。
徐々に生えるスピードが遅くなり、毛も細くなってきます。
ただトリアのようなレーザー脱毛の脱毛器の場合は、フラッシュ脱毛に比べて痛みがあることが多いです。
男性のように濃い太い髭の場合は、特に痛みが強い可能性があります。

 

もちろん、女性のヒゲ・産毛にも効果があります。
照射面が大きいタイプのものは多少やりにくい場合が多いので、
別にアタッチメント等があると効果も出やすいですね。

 

V・I・Oライン

脱毛機器を使うメイン部位のVIOライン。
もちろん脱毛できますが、色素の濃い部分や粘膜が近い箇所でもありますので、
必ず、初めは出力を弱めてテスト照射してから行った方が良いです。
誤って粘膜部分にあててしまったり、強すぎる出力で照射してしまうと
やけどや水ぶくれの原因になります。デリケートな部分ので、注意してやりましょう。

 

機器により、脱毛効果や出来る場所などが違います。
例えば、レーザーは太く濃い毛に良く反応しますので、産毛の脱毛は難しいことがあります。
フラッシュ脱毛は徐々に効果が出るため、時間はかかりますがどんな毛にも対応できます。
必ず購入する機器の詳細を確認してくださいね。
ですが、一般的に下記の部位はどの脱毛器でも出来ない場合が多いようです。

 

 

脱毛できない部位・箇所

 

 × 目の周囲

→まぶたは皮膚が薄い部位で、光などの影響が大きいため、目から上は脱毛はできません。
眉毛はサロンでもなかなか対応していません。
※ケノンについては、アタッチメントをつけることで眉毛の脱毛も出来るようになります。

 

 × 色が濃い部分

→シミやアザ、ホクロなどがある部位は脱毛ができません。
そこの箇所は白いシールやばんそうこうなどを貼り保護を。
また、肛門、乳輪など、皮膚の色が濃い部分も使用を控えてください。
タトゥーなど、肌に色が付いている部分もできるだけ避けましょう。

 

 × 日焼け後の肌

上記で書いたように、色素が濃い部分は脱毛ができません。
ですので、日焼けして小麦色の肌に強いレベルで脱毛器を当てるのは非常に危険です。
少し日焼けしてしまったな、という場合は出力を最小にしてから脱毛を。


ホーム RSS購読 サイトマップ